DMX512 調光コントロール

DMXは調光やムービングヘッドなどの照明機器を制御するプロトコルです。 ライブや演劇などのステージ照明、商業ビルの装飾用照明などに使われています。

DMX規格は整理され DMX512-A となっている。

※ この記事の内容は正確でないかもしれないし、時間の経過により現状とそぐわない可能性があります。 正確な情報が必要な場合は、念のため文献などで確認してください。

DMX512 詳細

電気的にはEIA-485(RS-485)信号を利用したシリアル通信。

速度250kbps
パリティチェックなし
タートビット1bit
ストップビット2bit

名称長さ備考
Break88uS(22bit)~1SLowレベル(シリアルコントローラによってはブレーク機能あり、なければ手動)
Mark After Break (MAB)8uS(2bit)~1SHighレベル(1990年の改訂前は4uS以上)
Start Bit1bitデータの始まりを示す、Lowレベル
Start Code8bitデータ照明機器は「0」
Ch # Data8bitデータ調光レベル「0~255」 × 最大512(最小24)
Stop Bit2bitデータの終わりを示す、Highレベル
Frame Between Time0S~1SHighレベル(Stop Bitから次のStart Bitまでの間)

調光データ(Ch # Data)は最大512個連なるため、一つのDMX信号は最低22mSとなり、1秒間に44回DMX信号を転送できる。 転送回数を早めたいときは、調光データの数を減らす。(対応していない機材もある)

調光データを受ける側は、自身が対象となる調光データのアドレスをあらかじめ指定しておき(灯体にディップスイッチなどがついている)、流れてくるDMX信号からアドレスをカウントして自身のデータをピックアップする。

1つ1つのデータは「スロット」、512スロットのDMX信号を「1ユニバース」と数える。

備考

ピンアサイン

XLR 5P コネクタを使用する。(3Pで代用してはいけない、が、古い機器は3Pが多い)

DMX送信側がメス、受信側がオス。終端抵抗(ターミネーター)120Ω

DMX機器はデイジーチェーン接続するため、大抵はメスとオスのコネクタが1つづつ付いている。

記号
=



←→

←…→
1GNDGNDGNDGNDGNDGND
2DATA-DATA-DATA1-DATA1-DATA1-DATA1-
3DATA+DATA+DATA1+DATA1+DATA1+DATA1+
4無接続スルーDATA2-DATA2-(トークバック)DATA2-(他の信号)12V、300mAまでの信号
5無接続スルーDATA2+DATA2+(トークバック)DATA2+(他の信号)4とパラ接続

RDM (Remote Device Management)

灯体のアドレスなどさまざまなコントロールをするための拡張されたプロトコルです。

DMXケーブルで信号を双方向に送受信します。

Art-Net

Art-Net (DMX over Ethernet)

LANケーブルによるEthernetで、TCP/IPによってDMX信号をやりとりする規格です。

文書の先頭へ
dmx512.txt · 最終更新: 2014/10/08 22:22 by sugakoubou