ARM フラッシュ書込み

シリアルブートローダー

  • TX、RX(マイコンのマニュアル参照)をPCのシリアルへ接続します。
  • ブートローダー起動ピンをRTSへ、RESETはDTRへダイオード等をはさみ接続します。(他にスイッチ等を接続している際の逆流防止)
  ARM CPU            Serial (FT232 or MAX232 to PC)
            Diode    
  RESET -----|>|----- DTR
            Diode    
  ISP -------|>|----- RTS
  
  TX ---------------- RX
  
  RX ---------------- TX
  
  GND --------------- GND

lpc21isp

Linux、Windows等で利用できる、Flash書込みツールです。

http://sourceforge.net/projects/lpc21isp/

lpc21isp.exe -control -bin filename.bin com1 57600 12000
lpc21isp -control -bin filename.bin /dev/ttys0 57600 12000

lpcsp

ChaN氏の、Windowsで利用できる、Flash書込みツールです。

lpc21ispより高速です。

http://elm-chan.org/works/sp78k/report.html

lpcsp.exe -C3 -P1:115200 -F12000 filename.hex

lpcwrt 書込み補助ツール

上記 lpcsp, lpc21isp を手軽に使うための補助ツールを作りました。

hex, bin ファイルからフラッシュ書き込みができます。

Write 書込み

lpc21isp を使い、プログラムをFlashへ書込みます。

.binファイルは自動的に.hexファイルに変換されます。 (要Sourcery G++ Lite Edition for ARM)

.binファイルに、チェックサム、CRP (Code Read Protect, CRP1) を追加することができます。

Convert (bin to hex)

.binファイルを.hexファイルに変換します。

あらかじめ Sourcery G++ Lite Edition for ARM がインストールされている必要があります。

Terminal

TeraTermを起動し、シリアルポートへ接続します。

printf デバッグなどに使えます。

DDKarmTool

MooSotf さんが lpc21isp を使った書込みを簡単に行い、テストをするためのツールを製作されています。

http://moosoft.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=87:mbed&catid=49:pc-&Itemid=116

FlashMagic

Windows 2000/XP/Vista/7で利用できる、Flash書込みツールです。

http://www.flashmagictool.com/

  • Baud Rate: 57600
  • InterFace: None(ISP)
  • Oscillator: 12
  • Erace all Flash+Code Rd Prot: checked
  • Verify after programming: checked

備考

ファイル形式の相互変換

HEX → BIN

arm-none-eabi-objcopy -I ihex -O binary src.bin dest.hex

AXF → BIN

arm-none-eabi-objcopy -O binary src.axf dest.bin
文書の先頭へ
arm-flash.txt · 最終更新: 2014/10/27 22:15 by sugakoubou